※掲載した商品の色やデザインは諸条件により実物と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
HOME > Archives > ディスク博物館 > 新保孝三ディスクコレクション
ディスク博物館 / Disc Museum
ディスク博物館 / Disc Museum

新保孝三ディスクコレクション

新保コレクションは、全盛期のWham-O Frisbee ブランドです。
年代的には1974年から1983年、フリスビードッグは、最近のものまで含んでいます。
また、ディスク以外では「Frisbeeネーム」のルーツといわれる「Frisbie パイ・カンパニー」のパイ・ティン(ブリキのパイ焼き皿)やパイ・セーフ(パイの展示販売台)があります。
現在まで続くディスクゲームをIFA(International Frisbee Association)を通じて考案、競技化した Wham-Oは、尊敬の対象です。同社が1974年から1981年までLA・パサディナ・ローズボウルスタジアムで開催したWFC(World Frisbee Championships)は、いまでも私の目標です。
私は1986年までの7年間玩具のツクダ、ツクダオリジナル、ツクダスポーツで「Wham?O Frisbee」を担当しました。1982年には、LAのWham-O本社を訪問したこともあります。
Wham-O Frisbeeブランドは、私にとって「歴史」です。
特にその全盛期を証明するような製品を収集し後世に伝ええることは「義務」であると考えています。
  ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇
The "Shimbo" collection are Frisbee brand discs from long ago.
The heyday of Frisbee Dog was between 1974 to 1983, but it has regained popularity again in recent years.
In addition, the "Frisbee" name originally came from the Frisbie Pie Company's pie tin and the "pie safe" the pies were displayed in.
Up until the present, it's the idea of Frisbee as a game utilizing a "Frisbee" disc which has earned the product and company named "Wham-O" respect.
The same company held the "World Frisbee Championships" (WFC) between 1974 to 1981 at the Pasadena Rose Bowl Stadium in LA (Los Angeles).
It's still something I read up about and want to learn more about. I wish I could have gone.
For seven years, until 1986, I was in charge of the "Wham-O Frisbee" department at Tsukuda Co.
In 1982 I visited the Wham-O head office in LA.
The Wham-O Frisbee brand is a real part of history for me.
I especially think that it's a duty for me to tell others about such a classic product from long ago.
--Written by Kozo Shimbo