HOME > Disc Golf > ディスクの選び方
Disc Golf
Disc Golf

ディスクの選び方 Disc select

ゴルフディスクはそれぞれ投げたときの曲がり方が異なり、プレイヤーの技術レベル(リリーススピード)によってそれは大きく変化します。Herodiscではそれをステイブル(=飛行安定性)表示で表しディスク選びの参考値としています。

自分にあったディスクを探そう!

ディスクゴルフに使用するディスクの事を一般にゴルフディスクと呼びます。

ゴルフディスクには、ボールゴルフのクラブと同様に多くの種類があります。大きく分けると、

  • 長距離用
  • 中距離用
  • パット&アプローチ用
の3種類に分けることができ、さらにその中でも材質による違い(プロ、チャンピオン、スター、DX)、形状による違いがあり全て異なった飛び方をします。

ゴルフディスクはプレーヤーの技術レベル(リリーススピード)に合った正しい選択が必要です。 Hero discではその選択の目安になるようにステイブル(=飛行安定性)表示を取り入れています。投げ出しの強さを数値で表していますので、ご自分で真っ直ぐに投げられるディスクの数値をもとに、ディスク選びの参考にしてください。

自分にあったディスクの見つけ方=真っ直ぐに投げられるディスクを探すこと

初心者の方へ

ゴルフディスクは、一般的なフライングディスクに比べ直径が小さく、空気抵抗を受けにくくするために薄く、その割りに重量がある(一般的なものが 100g前後なのに対しゴルフディスクは130g~150g)のが大きな特徴です。これは「飛距離を出す」という競技の特徴に基づいて設計されているためです。

エッジの尖った長距離用ドライバーディスクを見れば、誰もが遠くまで飛ばせると思うもの。しかし実際に「飛距離を出す」ためには、素早い投げ出し時のスピードが必要不可欠となります。そのため、全てのモデルが持っている、それぞれの一定の投げ出し時のスピードが得られなければ、性能を引き出しきれずに左へ大きく曲がってしまいます(時計回転時)。まずは、「B」モデル(スタータキット)や、(ビギナー向け軽量モデル)から。そして(エッジの丸いモデル(パット&アプローチ用)を選ぶことをお勧めします。

まずは、このモデルから始めよう!

初心者はスタータキット、ビギナー向け軽量モデル、パット&アプローチ用から選ぼう!

初心者はスタータキット、ビギナー向け軽量モデル、パット&アプローチ用から選ぼう!

ステイブル表記におけるモデルの選択方法

「ステイブル」はディスクの安定性能を示す目安目安です

左へ曲がるのがオーバーステイプル  右へ曲がるのがアンダーステイプル
【オーバー・ステイブル】
左へ曲がる性能(時計回転時)
【アンダー・ステイブル】
右へ曲がる性能(時計回転時)
ステイブル例 先頭アルファベット 距離レンジ・用途
L-43 L ロングレンジ(長距離)用
M-43 M ミッドレンジ(中距離)用
P-43 P パット&アプローチ用
B-43 B 初心者用入門モデル

先頭のアルファベットは距離レンジや用途を表す

先頭のアルファベットは距離レンジや用途を表しています。モデルを選ぶ際の最初の目安となります。

後に続く数値は投げ出しの強さを表す

ガゼル、シャーク、エビアパターが真直ぐ投げられるようになると、使い分けの幅がぐんと増える

後に続く数値は、そのモデルを真直ぐに飛ばすために必要な投げ出しの強さを表しています。数値が高いモデルほどよりオーバー、低いモデルほどよりアンダー(それぞれ時計回転時)ということになります。

「L」モデルならL-47(ガゼル)、「M」モデルならM-45(シャーク)、「P」モデルならP-23 (エビアパター)を、それぞれ真直ぐ投げられるようになれば、使い分けが可能になるモデルがぐんと増えます。

初心者は、まず「B」モデルから

初心者の方は、まず「B」モデルから始め、次に「P」モデルの数値が低いものから順に試していく
より確実なステップアップが望めます。

経験者は、自分が真直ぐに投げられるモデルを基準に判断

経験者の方は、既に使用しているモデルの中で、ご自身が真直ぐに投げられるモデルの数値を基準として、それより高いものは左へ、低いものは右へ(それぞれ時計回転時)それぞれ操作しやすいモデルだと判断することができます。

Disc Golfとは?
DISCatcherについて