※掲載した商品の色やデザインは諸条件により実物と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
HOME > Dodgebee > DODGEBEE(ドッヂビー)で遊ぼう!
Dodgebee
Dodgebee

DODGEBEE(ドッヂビー)で遊ぼう!

How to ENJOY "DODGEBEE!"

遊び方もいろいろ! 家族やみんなで遊ぼう!人数がたくさん揃わなくても遊べるドッヂビー・ゲームの紹介です。道具が無くても楽しめます。いつでもみんなでドッヂビー!

ディスク・ドッヂ (ドッヂビーでドッジボール)

ディスク・ドッヂ
ディスク・ドッヂディスク・ドッヂ

みんなが良く知っているドッジボールで、ボールの代わりに“ドッヂビー”を使います。ボールと違って当たっても痛くないから、小さなお子さんでもどんどんプレイできます。

ベースドッヂビー (ドッヂビーでキックベース)

ベース・ドッヂビー
ベース・ドッヂビー

"ドッヂビー"を使ったキックベーススタイルのゲーム。ピッチングサークルから投げたドッヂビーを、バッターがバッティングサークル内でキャッチ。バッターはキャッチしたグリップ(握り)のまま投げよう。あとは野球のルールと同じだよ。

ドッヂビー・PK (ドッヂビーでPK戦)

ドッヂビー・PK
ドッヂビー・PKドッヂビー・PK

ドッヂビーを使ってPK合戦をしてみよう。当たっても痛くないドッヂビーだから全員がキーパーにも挑戦できるぞ。投げ方や距離も自由に決めて遊んでみよう。直接ゴールネットに入ればOK。ワンバウンドは相手のポイントになる。さあ、思い切りゴールを狙え!

ドッヂビー・ゴルフ(ドッヂビーでディスクゴルフ)

ドッヂビー・ゴルフ
ドッヂビー・ゴルフ

いつでも、どこでも、誰とでも、カンタンにディスクゴルフが楽しめちゃう。 しかもドッヂビーだからセーフティ。持ち運びができる簡易ターゲットがあれば、いつもの遊び場があっという間にドッヂビー・ゴルフコースに。 ティー(最初に投げる場所)からターゲットまで投げ進み、何投で入れることができたか、投げた回数の少ない人が勝ち。

ドッヂビー・ディスゲッター (ドッヂビーで的当て)

ドッヂビー・ディスゲッター
ドッヂビー・ディスゲッタードッヂビー・ディスゲッター

ドッヂビーを使った的抜きゲームだ。ルールは簡単、パネルを射抜けばいい。
遊び方は、パネルをビンゴで揃えたり、抜いた枚数や数字のポイント合計で競ったり、動物パネルでも楽しめる。距離を変えたり、二人で対戦したりと楽しみ方のバリエーションはみんな次第だ。

ポート・ドッヂビー(ドッヂビーでポートボール)

ポート・ドッヂビー
ポート・ドッヂビー

バスケットと同様に楽しめるゲーム。敵陣の中に台の上に乗った味方がいる。その味方にパスが通ればポイントになる。ゴールになる人は、台から降りてパスを受け取ることはできないから注意。ドッヂビー・アルテやゴール・ドッヂビー同様、チーム対抗で楽しめる。

ゴール・ドッヂビー(ドッヂビーでサッカー)

ゴール・ドッヂビー
ゴール・ドッヂビー

ルールはサッカーとほぼ同じに考え、最後はゴーーール!でポイントになる。パスを受けたら走ってドリブル。同点の時はもちろん、ドッヂビーPKで決着だ。目指せ!エースストライカー。

キャッチング・ドッヂビー(ドッヂビーでガッツ)

キャッチング・ドッヂビー
キャッチング・ドッヂビー

攻撃チームは相手チームに思い切りドッヂビーを投げ、守備チームは地面に落とさずにキャッチできればポイント。距離やチームの人数は自由に決めて楽しもう。最初は両手でキャッチ、慣れてきたら片手キャッチに挑戦してみよう。

アルテ・ドッヂビー(ドッヂビーでアルティメット)

アルテ・ドッヂビー
アルテ・ドッヂビー

パスを回して攻撃し、敵陣のエンドゾーン内で味方のパスをキャッチできたらポイント。チーム対戦型のゲーム。パスを受けた人はその場に止まって、パスを出すまでその場からは動けないので注意。コートの広さやチームの人数は、自由に選べばいい。みんなで息を合わせて盛り上がろう。

 

DODGEBEE(ドッヂビー)の種類
DODGEBEE(ドッヂビー)の上手な投げ方